· 

木の個性~曲がり

 こんにちは。

 

 大竹工務店・大竹 俊光です。

 

ただいま、木造住宅の骨組みである構造材の墨付け、加工・・手刻みをしております。

 

木材は一つとして同じものはありません。

 

個性豊かな材料です。

 

そんな木材の個性の曲がり(アテ)について書いてみました。

曲がり(アテ)

桧
木材の曲がり

 画像のように木は、まっすぐではありません。

 

 いくら腕のいい大工が、まっすぐにしても、機械で加工したとしても、必ず出てきます。

 

それには、木の育ってきた環境に影響されます。

 平坦な土地で育つのか、斜面に育つのか、方角はどちらに向いているのかなど様々あります。

 

材木の曲がりについては、斜面で育った木に多く出るとされています。

 

木が地に根を張り、必死に地面にしがみつこうとする際、内部に偏った強さが出てくるそうです。

 

これが『アテ』といわれることも。自分は曲がりといっていました。

 

そして、その曲がり『アテ』の具合を見るのに、曲がり(アテ)の少ない木を、素性の良い木。

 

反対に曲がり(アテ)の大きい木を、素性の悪い木といわれています。

 

フルオートのプレカットなどでは、素性の悪い木は入れない。曲がりの度合いも厳しく判断し、省かれてしまうそうです。

 

 

 

この曲がり(アテ)の度合いにもよりますが、手刻みではこの曲がり具合を見て、配置します。

 

曲がりを山型に使い、上からの重さに耐えてもらうように配置したり。

 

曲がりを下に向けて、その下から束を立て、床が浮かないようにしたり。

 

曲がり(アテ)を個性として、その木の個性が最大限生かせるように、考えて墨付け、刻みをしております。

 

 

曲がり(アテ)が大きく、ねじることも。

 

そういったときは長さを工夫することで、無駄なく使うことができます。

 

木材が育つのには、とても多くの時間がかかります。

 

そして温暖化の今、木材は二酸化炭素を吸収してくれるもの。

 

今後はさらに木材の存在感と、貴重な資源であることの認識がたかまってくると思います。

 

その貴重な資源を使わせてもらい、すまいをつくる責任として、無駄なく、長持ちするすまいを目指していきます。