点検隊❗再結成‼️

2018年11月仕上げ直後
2018年11月仕上げ直後

こんにちは


茨城県かすみがうら市で大工工務店をしております大竹工務店 大竹俊光と申します。


ブログを読みに来てくださりありがとうございます。


すまいは、お引き渡しして「はい終わり」


というものではなく、


家族と同様に、しっかりと向き合って、接してあげて、すまいてさんに馴染んで来るもの。


すまいてさんと共に成長し、時を積み重ねていくものです。


その際、定期的に点検をして、すまいの健康診断が必要で、お手入れも必要になってきます。


  先日小さな不具合があったことを受け、お伺いする約4年前にお引き渡しをさせていただいたすまいにお邪魔させていただきました。


その際に合わせて点検を実施させていただきました。

床下点検
床下点検

そんなすまいの点検には毎回点検隊が結成されます(笑)


今回もまた


点検隊‼️


再結成!!です。


隊長:すまいてご家族の長男さん

副隊長:次男さん

新入隊員:三男さん

そして

平隊員のわたくし。

の合計4名の点検隊でございます。


新入隊員さんは記念撮影を済ませたあとは指令本部に待機です。



悩み事は、ものの10分ほどで解決!!


その間も、お子さまたちは作業を興味津々‼️


今回は床の不具合だったのですが、伸び縮みからなる不具合。


納まりで、起きてしまったものではないかと、どのように張られているのか、どのような形の床材なのか、動きは夏冬で大きく動くものと説明。


旦那さんに説明しているつもりが、お子さまも聞いていてくれて、なおかつ質問も☺️


そのうちに、

『今日は床下潜る』

との質問に、


『潜らせていただきます』


とお伝えすると、

ヘルメットを被り、ライトを準備。

自分の作業が終わる前に完了しておりました😅


まずは床下から点検。


○設備機器周辺の水漏れがないか

○外部に面した部分に漏水あとなどはないか

○白蟻などの被害、変化はないか

○床下の湿度、結露などによる被害、カビはないか

○換気機器の解放ダクトに結露、カビは発生していないか


など目視による点検、そして身体に感じる違和感(じめじめしているのか等)、匂い(カビ臭い、排水臭い等)五感をフルに使い点検です。

内部
内部

続いて、室内。


○室内は窓回りの結露によるカビがないか

○床、壁、天井の状況

○室内環境


を肌で感じながら目視による確認

小屋裏点検
小屋裏点検

続いて小屋裏


○小屋裏の室内環境

○カビの発生

○屋根からの雨漏りの確認


などを迅速に。


クリスマスが近かったため、サンタさんと鉢合わせしてしまうと、隊員の将来に関わってしまうので、今回ばかりは細心の注意をはらい、迅速に済ませました。

外部
外部
屋根
屋根

そして外部


○屋根、外壁などの状況を目視

○バルコニーの防水の状況

○外部木部の経年変化の状況


等、内部とは違い自然に直に接しているところ、メンテナンスはこまめにが理想です。

2019年の探検隊(小屋裏)
2019年の探検隊(小屋裏)
2019年の探検隊(床下)
2019年の探検隊(床下)
2020年の探検隊
2020年の探検隊
2021年の探検隊
2021年の探検隊

そんな一通り見させていただきながら、今回かなり隊員がしっくり来ていると感じておりました。


思い返して見ると、4年目


写真を探してみると、こんなにも積み重ねてきた『点検隊』


なんだかふと、こんなことやりたくてもできないよなぁ。


それも、旦那さんからは、

「来ると連絡してから、3兄弟みんなが待っていてくれている」

とのこと。


なんだか涙が出るほど嬉しくなってしまう。


その時々で、がむしゃらに、対応させていただき、すまいの状態等を見せていただいておりました。


振り替えることもなく、ただ、お子さまが可愛くスマホのカメラで記念撮影していた。点検の撮影をすることも忘れずに、どちらがメインかは今になってはわからない(笑)


しかし、不具合もなく、すまいてさまからは毎回嬉しいお話を聞ける。


例えば


お引き渡しが冬で、

「息子がお風呂が好きになったんだよ。というより出てこなくなって困ってる」なんて笑い話とか、


「寝るときは、一年通して、服装も布団も同じ」


等々。


真新しくピカピカのすまいをお引き渡しをしてから、4年がたち、数えきれないほどの思い出が積み重なっている。


木材も、深みをましたいい風格。


ご家族の暖かな空気に包まれた素晴らしいすまいになっております。


これだよなぁ。


これなんだよなぁ。


こんなすまいがいいんだよ。


こんなすまいを目指していたんだ❗

お手紙
お手紙

以前に、お子さまからいただいたお手紙じゃなくて、依頼書!!!


その依頼書にも、御依頼者さんがお留守の時に対応したため、お手紙をお渡しして、対応させていただいたこと。


奥さまにお渡しする際。


「大変だから、お手紙はこれで、続けなくても平気ですよ。」


とお気遣いいただいた。



なんだか、こんなご家族のすまい創りに携われたこと、いろいろあり、時には自分の対応の力不足により、うまくいかない時期もありました。


そんなこともひっくるめてとても幸せです。


そして、そのご家族の雰囲気がすまいにお邪魔させていただく度に、積み重ねられていること。


お子さまの成長と共に、すまいも成長しております。


なんだか、こんなにも幸せな仕事はあるのだろうか。


こんなにも温かくなる点検があるんだろうか。


と思うほど幸せな気持ちでいっぱいにさせていただきました。


最後は、

隊員3名と、旦那さん(今回は奥さまはお仕事でご不在でした)のお見送り。見えなくなるまで手を振ってくれました。


もっともっとすまいを好きになってもらえるように、そして、ご家族の素晴らしい時を刻んでいただくためにも、今後もお邪魔させていただこうと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

喜びにあふれた、気持ちのいい、季節を感じられる、思い出(紀)を育める、頑丈な城を、自然を感じられる木や自然素材を使い形にしていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

#大竹工務店 #きづくりのすまい

 

#喜

 

#すまいをつくる喜びとずっと喜びがあるすまい

 

#手刻み #高気密高断熱 #無垢材

 

#許容応力度計算  #耐震等級3