お湯

大竹工務店
6月19日の夕日

 こんにちは。茨城県かすみがうら市で大工工務店をしております 大竹工務店 大竹 俊光 と申します。

 

イレギュラーな連続。

 

そんな中、気付いたことを少しまとめてみました。

 

すまいには、様々な機器を使います。

 

そんな中でも今週は『給湯器』の問い合わせを多くいただき、自分でもそのことについていつも以上に考えてきたので、まとめたいと思います。


 『給湯器』

大概は、家の北側にひっそりとおかれて、せっせと働いている縁の下の力持ち。

 

すまいの中の蛇口をひねると、温かいお湯が出るのはこの機器のおかげです。

 

この画像の給湯器は、電気でお湯を沸かす**エコキュート

 

その他もガスや、灯油等を使い沸かすものも。

 

平均寿命は10年ほどといわれています。

 

すまいのエネルギーで使用する割合は大きいものがあります。

 こちらは、年間のエネルギーの用途別の割合を示したグラフです。(住宅のシミュレーションデータ例です)

 

見ていただくと、給湯に 40% 近くのエネルギーが使われるということが表されています。

 

その他、断熱気密を高めていますので、暖冷房の割合は小さく、照明にあっても、LED化が進み省エネに。

 

換気も効率の良いものを使うとそんなに割合は高くはありません。

 

その点、給湯というのは、かなり大きなエネルギーが必要になることは、このグラフからも読み取れます。

 

機器を入れてしまうと、節湯にも限界があります。

 

日々給湯器の技術も向上しています。

 

一つの考え方ですが、故障する前に、エネルギー、日々の燃料費なども考慮して、、効率のいいものを、定期的に交換してもいいのではないかと考えています。


今回は、この給湯器のヘルプ要請が多かったので、まとめてみました。 

 

一件目のお宅は、こちら。

 

夜までは普通に使えていて、朝気がついたら給湯器の電源が落ちていたとのこと。

 

室内コントローラーには、電源ボタンがなく対応にお困りでした。

 この機種の電源とは、画像の通り、外にあります。

 

今回は、このブレーカーが落ちていました。

 

原因

・落雷

・近隣での電気工事などによる急激な電圧変化

・外的要因

・機器本体の故障

が考えられます。

 

今回は、ブレーカーを上げ、沸き増し動作確認し、症状が出なかったため様子を見ていただくことになりました。


 もう一軒は、こちら。

 

配管の劣化による漏水

 ヒートポンプは、二つのユニットで構成されています。

 

『電気の力』 + 『空気の熱』を使いお湯を沸かすユニット = 『ヒートポンプユニット』

 

 

沸かしたお湯を保管しておく  『貯湯ユニット』

 

の二つのユニットを繋いで使用しています。

 

今回はそのユニット同士をつなぐ配管が、劣化により亀裂が入り、そこから漏水したと考えられました。

 

現場にて、信頼する設備屋さんによる対策で、亀裂部分を対策施工していただき無事に復旧となりました。

 

お施主様には、ほかにも劣化による亀裂がある可能性があることをお伝えし、経過観察していただくことで終了しました。


 最近では、世界情勢などから、給湯器も品薄で、これまでなら販売店さんに在庫がしてあり、購入できていました。

 

在庫がなかったとしても、取り寄せで2週間ほどで購入できていました。

 

しかし最近では、発注しても3,4か月は当たり前のように入ってきません。

 

そんな時だからこそ、現場で対応できたことにほっとします。

 

さらに、そのままではなく、中古の給湯器で、仮設として使用する準備も必要だと感じ、急ピッチで段取りをしています。

 

 安心してすまいで過ごしていただく為の準備を積み重ねています。


 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

大竹工務店

 

大竹 俊光