· 

無垢の木をこんな感じで仕上ています。

 茨城県かすみがうら市で大工をしております 大竹工務店 大竹 俊光 と申します。

 

日頃より無垢の木材に接していて、無垢の素晴らしさをひしひしと感じています。

 

 

今回は、すまいの無垢材をどのように仕上げているのか、細かくまとめてみました。


自宅兼モデルハウスのLDK
自宅兼モデルハウスのLDK

 これは仕上げたてLDKです。

 

 

仕上の様子は、

へこみを直すためアイロンがけ
へこみを直すためアイロンがけ

〇へこみを直すためのアイロンがけ。

湿らせた雑巾をへこみにあてて、高温のアイロンを乗せ、無垢木材の細胞を柔らかくし、水分を含ませ、へこみを直しています。

サンダーかけ
サンダーかけ

〇サンダーかけ

へこみの修正をした後、表面をきれいにするため、サンダーをかけていきます。

 

#180 ⇒ #240 ⇒ #400

 

基本的にはこのように徐々に仕上げていきます。

 

スタートをもっと荒くすることもあります。

無垢材の仕上げに使用したオイル塗料
無垢材の仕上げに使用したオイル塗料

〇仕上げにオイル塗装

無垢材の表面が整え、最後に仕上げの塗料を塗りこんでいきます。

 

Livosさんの塗料を採用し仕上げていきました。

 

無垢木材の細胞の中まで浸透していき木材を保護してくれます。

 

今回は2種類の組み合わせ。

①水や汚れが多い部屋用

②基本となる部屋の床

 

①は、水回りや、木製サッシの内側など、より水や、汚れに対応した組み合わせにしました。

 

カルデット(クリア) ⇒ カルデット(クリア) ⇒ クノス(クリア)

 

 

 

この組み合わせは、

 

外部にも使われている カルデットを二回重ねて塗り込むことで、長持ちするようにという狙い。

 

最後にクノス(クリア)を塗ることで、撥水効果を高め、水汚れに対応したものに。

②は、基本となる部屋(①以外の部屋)の床に使用する杉の赤身を抑え、さらっとした印象にするための塗装

クノス(白木) ⇒ クノス(白木)

 

この組み合わせは、赤身をおさえ、汚れをつきづらくするため。

クノス白木を重ねて塗っています。白のムラをなくし、より赤みを抑えるため

※オイルを塗り12時間の乾燥。次を塗る前に表面を電動ではなく、紙ヤスリを手で。ざらざらをなくすことと、より次の塗料がのるようにとても重要な行程です。

 このように、様々な工程を経て、仕上げています。

 

仕上げた後は、すまいて さんがお手入れをしていくことで、より深みが増し味が出てくるのが、無垢材のいいところだと感じています。

 

しっかりとはじめに、オイル仕上げすることで、日ごろのメンテナンスをしやすく、汚れにくくなると考えています。



無垢の仕上がりは写真では伝えることのできない、手触り、足触りなどもあり、実際は心地よくて、夏はさらさら。冬は温もりを感じることができます。


ご興味ございましたら、ご連絡いただければ、お見せし、体感していただけます。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。