窓からの季節を感じる

 こんにちは

 

茨城県で、大工工務店をしております。 大竹工務店 大竹 俊光 です。

 

ブログを見に来てくださり、ありがとうございます。

 

今回は、すまいから、窓越しに見る景色について、書いて見ました。

 

よかったら読んでみてください。


大竹工務店
5月新緑の季節・北側にある柿の木

 朝ご飯を食べながら、ふと見える窓。

 

5月は新緑から、葉の色が濃く、一枚一枚が力強く、しっかりとしてくる季節。

 

柿の木を眺めながら、時の移ろい、季節の移り変わりを、目にする。

 

そんなことをなんだか豊かに感じ、癒やされています。

大竹工務店
4月中旬の芽吹きの季節の柿の木

 これは、4月中旬の柿の木です。

 

枝のみの季節から、小さな緑が出始め、芽吹きに感激!!

大竹工務店
3月中旬・枝のみ

 3月はまだ柿の木には緑がなく、奥の杉の木の緑が見えています。

 

その時期はスギ花粉に怯えながらも、すまいの中は安全地帯。

 

パソコンをしながら、息抜きにふと目が行く。


大竹工務店
すまいが建つ前の柿の木

 すまいが建つ前の柿の木です。

 

元のすまいを解体し、整地をし終えたところ。

 

周りの環境、どの方向に、どんな物があるのか。

 

全部の情報が混在している。

 

そんな中で、この窓からは、この辺の景色を切り取りたい。

 

この角度なら多分こんなふうに見える。

 

など、図面上で窓を配置しているところ。

 

更地にして、また、図面を見て、景色を見て、大体のところに立ち空想😀

大竹工務店
基礎をつくり、手刻み下骨組み、屋根を終え、窓の下地を入れる直前

 空想は続き、より具体的になって、高さ、横と微調整。

 

椅子に座った高さ、立って目にする景色、窓から仮に車が止まっていたら見える?

 

など徐々に具体的に。

 

図面ではわからない発見がいっぱい。

大竹工務店
設置して断熱材充填中

 位置は決まって見える景色は一緒。

 

でも、目に入るものが多すぎて、注意散漫に。

(断熱材好きなので、これもまたいいもの😁)

大竹工務店
5月下旬の窓

 そんな幾重にも積み重ねて位置は決まっています。

 

そして、その窓がその場所で、そして、椅子の位置も、全てが揃って、

 

『ふと目にする景色』

 

になります。

 

これまで書いてきた、位置(高さや、左右)だけではなく、その他にも、様々なことを積み重ねて、初めて、豊かな自然を感じられるんだと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。