冬のすまい

こんにちは

 

茨城で大工工務店をやっています 大竹工務店 の 大竹 俊光 と申します。

ブログに来ていただきありがとうございます。

 

今回は、自分が感じた冬のすまいについて、書いてみました。

 

 今、過ごしている住まいは、祖父の代で建てた作業場の上の、新婚の両親のためのすまい。40年ほど前の建物。雨風しのげるすまい。

 そして、今建築工事中のものは、雨、風をしのげ、断熱・気密を高め、『喜びにあふれた、気持ちのいい、季節を感じられる、思い出(紀)を育める、頑丈な城を、自然を感じられる木や自然素材を使い形にしていく。』というすまい。

 

その2つの住まいを行き来していて感じたことを、まとめてみました。

先日の雪

 

茨城では、冬にこんなに雪が積もることは稀で、久しぶりな感じでした。

 

そんな地域でも、冬は寒い。

 

 今住んでいるすまいでは、リビングでは起きる3時間前からエアコン、1時間半前にストーブをつけて、やっと部屋が暖まり始める感じです。ストーブがタイマーでとまってしまうと、すぐに寒さが襲う。エネルギーを浪費しながら命を繋いでいるように感じます。この状態で、節約、地球のことを考えて省エネにとまで考えづらい。

 起きるために寝室もエアコンをかけ、起きやすくしています。

 

 そんな住まいでは、おひさまは『明かり

 一方、今工事中のすまいは、断熱、気密をより高めたもの。

 

 その中での作業をしていると、今住んでいるすまいよりも、何も暖房エネルギーを使っていなくても暖かくかんじる。作業していて、上着を脱ぎはじめる。

 

このすまいでは、おひさまの日差しが心地よい。

 

この住まいでは、おひさまは『明かり』『暖房』だと感じる。

 そんなすまいでの、雪の日。

 

作業していて、室内は寒さを感じない。

 

作業のために、窓を開けても、冷たい風を気持ちよく感じるほど。

(ずーっとだと、さすがに寒く感じると思う。)

 

仮すまいでは厚手の部屋着、暖房の音、どこかスースーする。足は常に冷たい。その中では雪を見ると命の危機を感じる(笑)そのために防寒をしっかりしているので、大げさですが。

 

そんな仮住まいでは、雪を楽しむなんて、思いも付きませんでした。

 

しかし、建設中のすまいでは、作業中にも関わらず、

『雪かぁ。なんかきれいだなぁ。季節を感じる。』

など、ゆとりがあり、季節を楽しまるように感じました。

 

住まいが変われば、日常にも、新たな発見。喜びがあるものだと思います。

 

すまいをつくる喜びと喜びのあるすまい

 

とは、すまいの中での体への負担(温度、気温差、空気質、音等)を減らすと、より多くの喜びとの出会いがある。

 

そんな気づきを与えてくれる雪でした。