· 

だいく。

 こんな些細なことでも、なんか感慨深いものを感じられる歳になりました。

大竹工務店
我が家の小さな現場監督(次女)による監理

 この写真は、夕方事務所で作業しているときに、学校帰りの次女の作品です。

 

 

 

 学童から小学生の娘二人が帰ってきて、決まって次女は事務所に立ち寄ります。

 

 最初は、パソコンに記録している写真をみに来ていましたが、ここ最近、宿題や、自主学習を事務所で終わらせ、タブレットでゲームするのが習慣化し始めています。

 

 なんだかうれしくなります。

 

 

 

そんな次女が、いたずら書き。

 

内容をみると、

 

大竹ホーム

 

だいく。(おうちをつくる)

 

と工事用のホワイトボードに。

 

やっと、自分のこと大工として認めてくれたのかな。

 

世界中で少なくとも一人は認めてくれているんだ。

 

うれしい!!

 

そんな些細なことでも、自分にとって貴重な作品。

 

突き進む力をもらえました。 

八溝杉
梁(八溝杉)

 力をもらえて、今日もまた手刻み、墨付け

 

今日は一番の大物  『梁 八溝杉』の墨付け

 

こんな大きなものはそうそうありません。

 

許容応力度による耐震等級3をクリアすべく、必死に考えていただいた結果です。

 

というのも、『無垢材にこだわり、すまいを考えているため。』

 

 

 

昔でしたら、梁・桁に使う材は、欅や松といって、固く、力があるものでした。

 

今は、欅は高価といった理由から、あまり使っていません。

 

松に関しては、1970年ころから松くい虫による爆発的な被害が増加し、市場では目にすることが少なくなってしまいました。

 

そのあとは、海を渡ってくる材料(米松)や、集成材(木材を接着材で張り合わせた材料)などが使われるようになってきました。

 

 

杉は、主流の集成材などに比べると、力で劣ります。さらに地震による揺れや、たわみや、せん断力などを考えると、扱いがとても難しい材料だと思います。

 

そんな杉をなぜ選ぶかというと

 ・無垢であること

 ・地元でとれる材料であること

 ・比較的加工がしやすい

 ・手に入りやすい

などの理由から使っています。

 

課題は多くあります。

 

大竹工務店の基本仕様の一つである

 

『許容応力度計算による耐震等級3』をクリアすること。

 今回の物件で、計算を依頼すると、集成材を使用してくださいとさらっと言われてしまいました。

 

 しかし、信頼する設計士さん(野口 俊郎さん)と構造計算屋さんの調整で何とか、杉の無垢材を使用することができました。

 

その調整の成果が、今回の墨付けした大物ということです。

 

貴重な資源を使うことへの感謝と、協力してくださっている方々への感謝を込めて、これからも続けていきたいと思います。