· 

木材が運ばれてきました。

 家の入口の梅の木が、解体している頃は、花をつけ始めていて、まだ肌寒かったのですが、今はもうしっかりと実をつけ始め、季節の変化、時間の経過を感じます。

無垢
八溝の山で育った木材たち

 今日は八溝山(茨城県と福島県の県境にある山)で育った木材たちが運ばれてきました。

 

今回は、柱がメイン。その他、数本は梁や桁に使われる材料です。

 

茨城で育った木材を、茨城で製材され、乾燥させ、茨城の材木屋さんにもってきてもらう。

 

なんだか、とてもいい感じ!!

 

ただ、いままでは割高に感じていました。

 

それは海を越えて来る木材のほうが安いので、そう感じていたのです。

 

今年に入り、その環境が激変しています。

 

『ウッドショック』

 

原因は一つではないとされています。

 

調べてみると、

 

・コロナの影響で、家に対する考えの変化。アメリカでは、郊外で家を建て、リモートワークをする。新たな住宅を建てるため木材需要が高まり、アメリカに木材が集められている。今までは輸出していた材料も、自国で使い、それでも足りず輸入している

 

・木材輸送のためのコンテナ不足

 

・海外からの木材が入りにくくなり国内の材料に集中して、品薄状態。

 

・買い占めなどがおこり、それにより価格の変動が起きている

 

みたいです。

 

自分みたいに小さな工務店にまで、その影響が伝わり、見積もりすら出せるかわからない。出せたとしても一週間違うと持っていけるかわからない。など、とても不安定な状況であると感じています。

 

そんな中、今日無事に木材が運ばれてきたことに、安心と、感謝の気持ちがいつも以上に感じました。

 

貴重な資源をバトンで渡されたので、今度は自分たち大工が、無駄なく使い切ること。

 

そして使い捨てのすまいではなく、代々受け継がれ使い続けて、愛され続けるすまいにするため刻んでいきます。