· 

木の良さ

 

私は、木材が好きです。

 

大工ということも要因だとは思いますが。

 

木材の中でも、無垢の木にこだわり、使っています。

この画像の床に使われている材料も、無垢の【杉】です。

 

杉のオイル塗装仕上げをしています。

 

杉の特徴は、柔らかく、足ざわりがいいこと。そして、触ると暖かく感じます。

 

その反面、傷がつきやすいため、床に使うには少し...。という方も。

 

お引渡しして、3年になります。

 

お客様より、最初は、へこんでしまった。

 

落書きしてしまって消せないか。と問い合わせいただき対処させていただきました。

 

へこみに関しては、濡れたタオルを押し当て、アイロンをあてることで、復元しました。

 

落書きに関しては、紙やすりで表面を少し削り、けすことで、違和感がなくなりました。

 

というように、対処が自分でもできること。

 

そして、経年で、色が変わり、より深みが出てきます。

同じものはどこにもなく、すまい個々で、味わいも変わります。

 

人間とともに、すまいも共に年を重ね、共に変化していく。

 

自分はそんなところに、自然を感じ、時間を重ねていると、実感できる気がして、そういうところも好きな理由の一つです。

傷がつきづらく、変化がない。

 

人間の手で作られた貼物や、プリントのものよりも、

 

自然で育った木材で、同じものがないもののほうが、すまいでの時間が、豊かなものになると思い、使わせていただいています。